読書から国語力を育てる「ことばの学校」

ことばの学校ブログ

本の中にオノマトペが①

「ぼくはおばけのおにいちゃん」という本は、1年生に何度も読みたいというリクエストを受ける本の1冊です。

魅力はなんでしょう?

①まず、大人には単純に感じるストーリーですが、それは絵を見る余裕を持たせる意図があるようです。

星空の絵が見開きいっぱいに広がったり、おばけが紙面を縦横無尽に飛び回る様子が躍動感を感じます。

②また、ことばに着目すると「ひゅうひゅうひゅう。」「おーい、おーい、おーい」など

オノマトペや繰り返しが多用されます。
音やようすを言葉にするという文章ならではの世界に誘います。

考えてみると、
①単純明快なストーリー
②繰り返し
という人を読書の世界に引き込む要素の王道がありました。

1年生に学んだ1冊です。