読書から国語力を育てることばの学校

今年の夏休み ことばの学校
「動画でらくらく! 読書感想文」で

特に素敵な作品を書き上げた
生徒さんの
作品をご紹介いたします

秋田県秋田市
AtoZ Lab
佐藤 彩乃さん(小3)

タイトル
『心のやさしいきつねくん』

読んだ本
またおいで (あかね書房) 森山京・著

茨城県つくば市
竹園進学教室
金子 晃久さん(小5)

タイトル
『雄介と正弘のたのしいずるやすみ』

読んだ本
ずるやすみにかんぱい! (童心社) 宮川ひろ・著

新潟県新潟市
スーパーサイエンスアカデミー新潟校
大井 敬太さん(小2)

タイトル
『ダンプえんちょうやっつけた』

読んだ本
ダンプえんちょうやっつけた (童心社) 古田足日・著

岡山県岡山市
えぽっく学習塾
藤原 公顕さん(小2)

タイトル
『れいぞうこのなつやすみ』

読んだ本
れいぞうこのなつやすみ(PHP 研究所) 村上しいこ・著

熊本県熊本市
ことばの学校熊本校
水野 煌大さん(小6)

タイトル
『危ない料理店』

読んだ本
注文の多い料理店 (岩崎書店) 宮沢賢治・著

保護者様の声

1,200字の作文を2作品書き上げることができました
(小6男子の母)
書くことも苦手な息子に少しでも勉強になればと、夏休みの宿題も兼ねて挑戦してみよう!
と半ば強制的に受講させた講座でした。感想文を書くにあたり先生と話した息子が選んだ文字数は1200字。本当に1,200字書き上げることができるのだろうかと心配していましたが、講座を受講するたびに手応えを感じていくようで、結果1,200字を2作品も書き上げました。息子のやり切ったドヤ顔は今でも忘れられません!!
“やればできる!” “為せば成る” それを経験し自信につなげ大成長できた読書感想文講座でした。今では毎日学校から出される作文の宿題もサラサラ〜っと書き終える息子を見て文が書けないのではなく文の書き方が分からなかっただけなんだと講座を受講させて本当によかったと感じています。
楽しく読書感想文に取り組むことができた
(小5男子の母)
今まで読書感想文は自由課題のためパスしてきましたが、今年チャレンジしてみることにしました。
乗り気ではありませんでしたが、動画のジャガくんのおかげで楽しく取り組むことが出来ました。ありがとうございました。
読書感想文への抵抗感が減った
(小4女子の母)
私自身も本人も感想文をどう書けばいいかわかりませんでしたが、「動画でらくらく! 読書感想文」のフレームワークを知ることができ、抵抗感が減ったように思います。

受講生の声

書き方がわかった!
(小4女子)
テキストのおかげで作文の書き方がわかって一人でも書くことができた。
読書感想文が書けた
(小2男子)
読書感想文は初めて書いたけど、テキストの通り書いていくと本当に感想文になった。